メンテナンス

icon 今回は、ボトム・ブラケットの交換です。シマノ製(SM-BB7900)が古いという訳では有りません。
  Y島社長よりセラミック製を使って見たいということで入れ替えです。
  (文中、表示価格は標準価格です。ココでは入手し易いシマノ製を写してます)

5mmのアーレンキーを使って(業界用語みたいで)…世間ではヘキサゴンレンチか六角レンチ?
…と書きましたが、コートのボタンみたいなクランク取付け工具。シマノ製(TL-FC16 212円)

割りの中のプレートも外側へ押し出して下さい。そうすれば手で外すことが出来ますョ!
左側の緑のグリスが付いているのが外したクランク取付けボルトです

今のシマノ製クランクの多くはこのタイプ(MTBも)です。
ギザギザが付いているのは右ギアクランクと一体化されたシャフト部分です。

ギアはDA-7950ですが他のシマノ製とも互換性が有りますョ
昔の左ワンと言うパーツ部。写真はTL-FC32(1,101円)で他からも色々出ております。

右アダプターはあなたのバイクによってネジの向きが違いますョ!
セラミックベアリング使用の実に回転の滑らかな、また、高価なパーツです。(37,485円)

右アダプターを組み付けます。右ネジ、左ネジに注意して、グリスも忘れず注しましょう!
これでギアクランクを戻せます。

NO.3の逆で左クランクを付けて下さい。締付けトルクに気をつけて!
これでB.B.の回転部分のストレスが無くなりました。体感したい方はご連絡まで。

ページトップへ戻る